スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Percy Jackson and the Lightning Thief』 

水曜日にカイルの友達と映画『Percy Jackson and the Lightning Thief』を観に行ってきました^^
日本でも公開されてるかな?
物語は、ギリシャ神話の神々と人間との間に生まれた、特別な力を持った子供たちのアドベンチャーです。
現代のアメリカが舞台で、度々登場する神や悪魔・獣との戦いに、カイルたちは口をぽか~んと開けたまま見入ってました(笑)
驚きあり笑いありのエンターテイニングな映画です。
そうそう、ハデスを見て、一番最初のデビルマンを思い出しました^^;
出来れば、この映画のトレイラーを観ずに映画を観た方が面白いと思います☆

スポンサーサイト

蜂つづき^^ 

蜂は蜂でも、こちらは映画のタイトル☆

10年ほど前にN.Yブロードウェイで公演された
『As Bees in Honey Drown (蜜に溺れた蜂のように)』が
ケイト・ブランシェット主演で来年 映画が公開されるそうです^^

輝かしい人生を歩んでいるレコードプロデューサーのAlexa(ケイト・ブランシェット)が、彼女の人生を書いて欲しいと若い男性作家(Evan)を雇います。
そして、その出会いによってEvanの人生が思いもしなかった方向に・・・ 
というブラック(?)コメディー

ん~ 蜂蜜の甘さを知ったら、そこから抜け出すのは容易じゃないかも。。? ですね。

ケイト・ブランシェットは好きな女優さんなので、この映画楽しみです^^

Evan役は誰だろう?(笑)




『いつか読書する日』 

これも先週の話なんですが・・・

田中裕子さん・岸部一徳さんの 『いつか読書する日』 を観ました。

ストーリーは検索してもらうことにして^^;
観た感想は、
ひさ~しぶりに 庶民 と感じるような、とても身近に感じる、ほんわか温かな映画で
人生(命)や生き方を考え、勇気を与えてくれる映画だなと思いました。
(イギリスに上陸する日本映画って、ホラー、やくざもの、アニメが多かったのでね^^;)
それと、この映画のために、田中裕子さんは相当走りこんだんじゃないだろうか?と思いました。
牛乳配達で坂道を駆け上がり、通勤に自転車をこぎ、スーパーで立ちながらレジを打っているんですよね^^
この主人公、凄い!

そういうタフな部分と、淡い恋心を30年以上抱いている主人公の美奈子なんだけど
彼女を取り巻く人たちの人生も描かれていて、泣けるシーンがいくつかあったんです。
それで、前に座っていたイギリス人女性がボロボロ泣いていました。
私もジーーーンとして、目頭が熱くなったんだけど
周囲の人たちが泣いていると、私は泣いてちゃいけない!なんて思ってしまうんですよね(笑)
それと、田中裕子さんが演じる美奈子が、
(どこかで泣いていたのかもしれないけど)、目の前に起こったことを、そのまま受け止めているんです。
欲がない。
あるがままを受け止めて、自分のするべきことを毎日行ってる。
こういう人って強いな~と思います。
そういう姿を観ると、ベソはかいてられない。 私もがんばらなきゃ^^」って思ってしまいます(笑)

蛇足だけど
最近ね、知りたいなと思ったことが
ありがたいことに、なんらかの形で目の前に現れるようになっていて
田中裕子さんについてもそうでした。
なので、 『いつか読書する日』 が上映され、観ることができて良かったです^^

映画館を出たら、外はもう暗くなっていて
触ると折れそうな生まれたての月が空に浮かんでいました。
場所が公園に近いところだったので、空気がゆったりしていて
薄明かりで映し出されたヨーロッパの建物が優しかったです。
カメラ 忘れてよかったかも^^;

【I am Legend】 

『I am Legend』 を観ました。 (ネタバレあり)

poster.jpg


ウィル・スミスを観るというより、助演犬(アビー) が観たくて観た映画^^
sam.jpg

犬かいな!って突っ込みいれられたけど(笑)
はい、犬です^^

ご存知の方もいらっしゃいますよね。
私もジャーマンシェパードを飼っていたんです^^
名前も映画で呼ばれていたのと同じ、サムでした(笑)
大型犬で怖いイメージしかなかったのが、飼ってみるとイメージが変わりました^^
インテリジェントで優しく、なんとも愛嬌のある顔をする犬でした♪
それでね、サムへの想いもあって観ていたんですよ。
どうかウィル演じるロバートと、ずっと一緒に生き延びて!と思いながら。

この映画、ストーリーとしては、怖いです!
がんを治すといわれる薬が発明されたのもつかの間、それが世界人類を滅ぼすことになります。
一人生き残ったロバートが、愛犬サムと暮らす様子。
夜の恐怖。
私だったら、あそこまで生き延びていられないだろうな~

最初 何の意味もないと思われていたものが、実は意味をなすものであったと分かったり、
ロバートの言葉の中に、いろんなメッセージが含まれている映画です。
そうそう、映画『シュレック』のワンシーンも出てきます☆
「なんでこの映画に?」みたいだけど、これは映画を観ると納得^^
そして結末は~~~! ハリウッド(笑)

だけど、観終わってからも、映画のあの雰囲気が尾をひいてました。
似た街並みがあるからかな~
起こりうるかもしれないと、どこかで思っているからかもしれないですけどね。

それにしても、アビーが可愛かった!(もういいって? 笑)
犬好きなんですよ~
でも、猫も大好きです!!
よく、犬人間? 猫人間?って聞かれてたけど
私はどちらも好き♪
子猫など仕草がたまらなく可愛い~♪と思います^^

話ずれてる(笑)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。